ページ

2011年3月26日土曜日

カシオの本格実務電卓で、これまでの電卓ライフが変わる!

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
私は日商簿記2級の勉強のために、以前使用していた電卓から、カシオの本格実務電卓に乗り換えました。この電卓、本格と付くだけに他のカシオ電卓とは全然違います。

◎私が買ったのはこれ
DS-20WK(12桁・6列配列・ダブルゼロキー)
CASIO デスク型電卓 検算タイプ12桁 DS-20WK
カシオ
売り上げランキング: 16053


特徴は言わずもがなである、早打ち機能だけでなく、
サイレントタッチキーが付いています。


◎サイレントタッチキーの使い心地
サイレントタッチキーとは、
従来機種と比べ(当社比)、タッチ音が静かで気にならない静音設計を採用。だから、デスクワークに最適。(カシオホームページより)
 カシオの電卓では、サイレントタッチキーは基本的に本格実務電卓くらいしか搭載しておらず、図書館で勉強したい時、とにかく迷惑にならずに集中できます。
ただ、実は、サイレントタッチキーか否かでタッチの感覚は全然違います! 
サイレントタッチキーでない(カチャカチャ電卓)の場合は、軽く触るだけでキーが押せます。
しかし、サイレントタッチキーはそれに比べて、キータッチはかなり重いんです。初めて触るとなんだこれ?と思うかもしれませんが、2日くらい触ってくるとかなり慣れます。そして、こちらのほうが確実に押している感覚があるので自信を持って電卓を打つことができます。 

この本格実務電卓、定価は電卓と思えないほど高いです。ただ、一生電卓と付き合うのであれば、早めに出会ってほしい、私はそう思いました。本格実務電卓は5年保証ですよ!

◎他の本格実務電卓
DS-20WK(12桁・5列配列・ダブルゼロキー)
CASIO ジャスト型電卓 検算タイプ12桁 JS-20WK
カシオ
売り上げランキング: 6113


カシオ 本格実務電卓ページ